JOURNAL 特集記事 RSS



育てるように作る(内田悟史さん サントアン パティシエ)

サントアンのパティシエになって6年目の内田悟史さんが、普段の仕事について話してくれた。パティシエの仕事を想像するとき、色とりどりのフルーツを飾ったり甘い生クリームをふんだんに絞ったり、どうしても華やかなイメージが先行しがちだけれど、「縁の下の力持ちのような仕事」とは、一体どんなものなのだろう。

続きを読む



畑の向こう側(あまくぼ農園 久保和也さん)

三田市井ノ草で農業を営む久保和也さん。月に一度サントアンの駐車場で開催されている「サンマルシェ」に出店してくださっています。有機JAS認証を取得し、久保さんとお父さんと2人で野菜やパッションフルーツを栽培している「あまくぼ農園」を訪れました。

続きを読む



お母さんのおっぱいがおいしくなる農業(保田 茂さん 神付有機農業教室講師)

サンマルシェの実行委員や生産者の多くは神戸市北区大沢町神付地区で開催されている「神付有機農業教室」で共に学ぶメンバーで、その中で同じ志を抱き、サンマルシェを始めることになりました。実行委員の面々の気持ちを動かした「神付有機農業教室」とはどんな場所なのか?講師の保田茂先生にお話を伺いました。

続きを読む




さんぽ路

三田の地域にちなんだギフト焼き菓子。そのお菓子の名づけの意味合いを一年にわたり紹介してきました。今回はそれらのお菓子を詰め合わせた「さんぽ路」です。そのアソートメントされた箱を開ける瞬間の楽しみ。三田発のお菓子から、我が街・三田を親しみのある土地だと感じて欲しい。そのような想いで三田の「さんぽ路」と名付けました。

続きを読む